私は現在35歳の独身サラリーマン(システムエンジニア)です。

5年前の30歳の時に海外留学に行くために、親にお金を借りました。借りたお金は、100万円です。

留学期間は1年間で、予算が限られていたので、アメリカなどは諦め、価格の安い「フィジー留学」にしました。

続きを読む

パチンコをしたくて、友人にお金を借りていました。

よく一緒に打ちに行ったりしていた友達で、気がつけば、20万も借りていることがあり、親にバレて、借金を返済してもらいました。

ギャンブルで、お金を借りてもいいことなんて、全然ありませんでした。勝ったら返そう!と決めていても、勝ったら、また次の投資金にあててしまい、友人には返せずにいました。。。

続きを読む

とにかくお金使いの粗い彼女でした。その日もお気に入りのフレンチがあるとかなり高級な店でおごらされ、次の日も寿司・・。

正直、お金もピンチでしたが、誰が見ても不釣り合いと言われるほど、いわゆるいい女で、連れて歩くだけで泊がつくほどでした。

彼女が出来るまで、ことあるごとに連れ回していた私の後輩に対しても、まったくと言っていいほど連絡も取らず、私は彼女に没頭してしまってました。あるとき彼女に旅行に誘われました。

続きを読む

職場の同僚に、お金を貯めるの趣味という人間がいましたケチという訳ではなく、飲み会等にも積極的に参加しますが、趣味にお金を全くかけないタイプでした。

私は金遣いが荒く、貯金などほとんど貯めたことがありませんでした。そんなある日、先輩がバイク仲間を探しているという話をしてきました。

学生時代にはよくバイクに乗っていました私でしたが、その熱も冷めていたところでした。しかし、先輩の話を聞いて再びバイク熱が燃え上がり、バイクの購入を決めました。

続きを読む

 20歳のときに友達にギターを買う名目でお金を借りた。金額は10万円。利子などは付けずに、返すのはいつでもよいということだった。

 友達は割と気前よく貸してくれたが、これが災いの元であった。 実際の目的はギャンブル(競馬)で、その時はすでに周りが見えない状態で、のめりこんでしまっていた。 

ギャンブル(競馬)での結果は言うまでもなく惨敗で、友達の借金だけが残った感じだった。 

続きを読む

私は高校を卒業してすぐに働き始めました。私はそこまでコミュニケーション能力が高い方ではありませんでしたが、親切な同僚が多く、すぐに意気投合できるようになりました。

仕事の給料自体はあまり高くなく、お金の使い方が荒い私は常に金欠という状況が続いていました。

その一方で、自分と同期で入社した同い年の友人は倹約家であり、毎月しっかりと貯金をしていました。何故そこまで欲を我慢できるのだろう?と不思議に思っていましたが、「貯金が趣味なんだ」という彼の発言を聞いて、自分とは違う人間なんだなぁと感じました。

そんなある日、私は趣味で筋力トレーニングを行っているのですが、雑誌でどうしても欲しい器具を見つけたのです。

続きを読む

今から、5年ほど前の3人目が生まれる3週間前の事。出産金が払えなくて親から借金をしました。

なぜなら貯金していた通帳がほとんどお金が入っていなかったからだ。

有るはずのお金が無い!!この通帳は子ども手当が入ってくる通帳。絶対に100万近く入っていたはずなのに・・・。狐に騙された気分だった。妻に問い詰めると、泣きながら答えた。生活が苦しくて生活費に回していた!

続きを読む

10代の後半に仕事を辞め、しばらく家に引きこもっていました。そんな友人が見かねてかよく遊びに連れて行ってくれました。

遊ぶ時のお金は友人持ちで完全におごってくれる時と後で返す形でお代を出してもらう2パターンで、それも特定の人でなく複数の人から借りてしまっていたので負債はドンドン増えていくばかりで、中々返せない私に見切りをつけ次第に友人も離れていきました。

これではいかんと思い派遣の仕事を始めましたが中々長続きせずやっては辞めやっては辞めの繰り返し。

続きを読む

久しぶりにショッピングを楽しもうと思って気合いを入れて街に繰り出したんです。

インテリアショップを巡ったり、服屋を回ったりしていたら欲しいものが沢山出てきました。

友人と一緒に回っていたのですが、友人もつね日頃のストレスを発散するかのようにばかすかと買い物をしていましたね。可愛らしい器や雑貨類で荷物がいっぱいになってしまいました。

続きを読む

もう数年前のことになるのですが、当時付き合っていた彼女から借金をした経験があります。

その時の私はしばらく勤めていたブラック会社を退職して転職活動をしているときでした。

なかなか思うように転職先が見つからず、付き合っていた彼女とのデートもケチって外出しないでいいプランばかり立てているような状況でした。

続きを読む

このページの上部へ